幼き真剣師

将棋士お香事件帖3

二見時代小説文庫

沖田正午

2012年7月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天才将棋士お香は、町で大人相手に賭け将棋で稼ぐ幼い三兄弟に出会う。襤褸をまとう三人の家に行くが、そこで会った父親は、かつてのお香の兄弟子だった。子どもたちの将棋のすごさに納得したお香は、三人に修業するよう話すのだが、親も子どもも突然消えてしまう。彼らの行方と、その裏に隠された某藩の陰謀。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください