川霧の巷

無茶の勘兵衛日月録16

二見時代小説文庫

浅黄斑

2013年6月30日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“何故、酒井大老は貴藩を疎まれるのか”幕閣の一員である太田摂津守の用人が洩らした一言は、意表を衝く問いであった。越前大野藩江戸留守居役松田与左衛門と御耳役落合勘兵衛は、藩を囲繞する陰謀の源を探るべく、それ迄の経緯を綿密に検証し始めたが…。そんな折、女を襲う髪切り事件が発生。それが新たな闘いの始まりとなった。書き下ろし長編時代小説。シリーズ最新刊!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください