残月殺法剣

剣客相談人15

二見時代小説文庫

森詠

2015年11月30日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

那須川藩一万八千石の若月丹波守清胤は、故あって傳役の爺と二人で出奔、八丁堀の裏長屋でよろず揉め事相談で糧を得ている。折しも日本橋の大店大越屋大平治から身辺警護の依頼があった。信濃秋山藩と進めている開墾事業から手を引かぬと…という脅迫から身を守ってほしいという。さらに当の信濃秋山藩の藩主からも直々に相談事が舞い込んだ。殿と爺と大門は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください