風の剣士

剣客相談人16

二見時代小説文庫

森詠

2016年3月25日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一万八千石那須川藩の若月丹波守清胤は、故あって溥役の爺と二人で出奔、八丁堀の裏長屋でよろず揉め事相談で糧を得ている。そこへ国許から早飛脚が届いた。急遽国許に向かった殿と爺と大門甚兵衛の剣客相談人は那須山麓の庄屋に着いた。庄屋の娘・如月はかつて殿の娘・弥生を産んでいた。この如月の齢の離れた弟がかつて伝説の侍、風の剣士を目撃し憧れているというのだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください