魔眼の光

公家武者松平信平15

二見時代小説文庫

佐々木裕一

2017年1月31日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

三代将軍家光の正室の実弟で、公家から旗本となった鷹司松平信平は、徳川の世終焉を謀る怪商・神宮路翔の企てをはばんだ。だが、神宮路の企ては秘かに備後の山奥の鉄山で進められていた。大量の鉄砲を密造しているのである。信平は、将軍家綱の命により、備後に向かった。信平の義父が藩主の紀州徳川藩の薬込役や将軍直々の公儀隠密も現地に入っている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.7

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

23

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください