騒ぎ屋始末

隠居右善江戸を走る3

二見時代小説文庫

喜安幸夫

2017年6月30日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北町奉行所の凄腕同心・児島右善は隠居して神田明神下の鍼灸療治処の離れに住み、美人で人気の女鍼師竜尾の弟子兼用心棒となっている。ひょんなことで右善は、明神下の惣菜屋の若旦那と、小柳町の米屋の娘の目見得(見合い)の仲立ちをすることになった。ところが、目見得の日、娘の米屋が打毀しにみまわれて…。町を守るべく右善は探索に乗り出した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください