お玉ヶ池の仇

隠居右善江戸を走る 6

二見時代小説文庫

喜安幸夫

2018年6月30日

二見書房

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一年前、右善が隠密廻り同心のとき、お玉ヶ池に若い侍の死体が浮かんだ。頚に刺し傷のある不審なもので、すぐに近くの武家地からの人の手で運び去られた。これは五年前、六歳の女童がお玉ヶ池に投げこまれて殺されたとき目撃された、不逞な三人の若侍のひとりではないのかー右善にはそう思えた。愛娘の敵を求めて武家地を巡る伏見屋の清助とお駒夫婦は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください