レッド・カメレオン抹殺指令

二見文庫

チャールズ・ロバートソン / 青木栄一

1987年3月31日

リヨン社

757円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

米国は、暗号名“プロメセウスII”と呼ばれる防衛システムを完成させようとしていた。それは、すべての核ミサイル攻撃を無効にする最終兵器だった。一方ソ連は、この防衛システムを阻止するために、暗号名“レッド・カメレオン”と呼ばれる超大物スパイを、米国シリコン・バレーの奥深く潜入させた。冷酷非情なレッド・カメレオンとは何者なのか?いまや米ソ両超大国の緊張は極限に達し、第3次世界大戦への秒読みは開始された。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください