昭和の漫才台本(第5巻(戦後編))

秋田実 / 藤田富美恵

2008年3月31日

文研出版

1,650円(税込)

絵本・児童書・図鑑 / エンタメ・ゲーム

漫才作家・秋田實は、昭和五十二年(一九七七年)に七十二歳で亡くなるまでに約七千本の漫才を書いています。また、数多くの漫才師も育てました。第五巻では、昭和二十二年から五十二年にかけてつくられた漫才台本のうち、十本を取りあげました。戦争は終わったものの、世間は漫才どころではありませんでしたが、やがて民間放送がスタートします。ここで復活した漫才は、世の中の急激な移り変わりのとまどいを、笑いをそえて語っています。ぜひ声に出して読んで、楽しんでください。また、巻末には「漫才台本の書き方 笑いのテクニック」があります。漫才台本にチャレンジしてみたらいかがでしょう。小学校中学年以上向き。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください