無情

朝鮮近代文学選集

李光洙 / 波田野節子

2005年11月30日

平凡社

3,740円(税込)

小説・エッセイ

朝鮮文学初の近代長篇小説『無情』の初めての完全日本語訳。植民地朝鮮の近代化と独立を志す本書は、その深い心理描写によって近代小説誕生の栄誉を受けるが、同時に近代啓蒙の挫折の影も予感させる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください