果てしのない世界め

少年アヤ

2016年12月19日

平凡社

1,540円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

5歳のクリスマスの日、お姫様のお人形が欲しいと言ったときから、ぼくの罪は始まったー「おかま」「失敗作」と罵られ嗤われる「ぼく」。そんな「ぼく」を生んだ母の不幸を背負い生きてきた少年は、祖父の死をきっかけに、家を出る。逃げられない過去と果てしのない未来の間で走り続ける、少年の再生の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください