不美人論

平凡社新書

陶智子

2002年5月31日

平凡社

792円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

よいことをしても、悪いことをしても結局は美人ばかりが注目を浴びるこの世の中。でも美人と不美人の差ってどこにあるの?美人といっても、最近は「薄口」ばっかりじゃないの。意を決した著者自らがまな板に上がり、古今東西の文献探しをはじめると…、なんとそこは宝の山だった!不美人の底知れない魅力に迫る快著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください