口説きの四十八手

春画を読む

平凡社新書

白倉敬彦

2009年5月31日

平凡社

814円(税込)

人文・思想・社会 / ホビー・スポーツ・美術 / 新書

奉公人から尼さん、ご近所から遊廓までー。さまざまな身分、職種の女性を口説き落とすための“在原業平秘伝”の指南書を、浮世絵師・菱川師宣が春画を付して世に出した。手管はどれほど有効だったのか?最後に笑うのは男か、それとも女か。軽妙な読み解きが笑いを誘う、江戸の男と女、色恋の駆け引き。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください