大江戸お寺繁昌記

平凡社新書

安藤優一郎

2009年11月30日

平凡社

814円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

お寺には、葬儀やお墓の地味なイメージが定着している。しかし、江戸の頃はだいぶ違っていた。大奥に接待攻勢をかけたり、宝物をご開帳したり、芝居や寄席をやるかと思えば、金融機関であったり…。総合企業にして、エンターテインメントの発信地、そう、お寺はたいへんな賑わいだったのだ。華やかな江戸文化の舞台、江戸っ子の熱気溢れるお寺をご覧あれ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください