今流行りのアドラーは、異世界でも通用しました。

神城咲弥 / 岩井俊憲

2015年3月31日

ベストセラーズ

1,430円(税込)

小説・エッセイ

自分に自信がなく、何事も諦めがちな大学2年生の主人公・拓海。ある日、とんだ手違いで異世界に召喚されてしまう。召喚した側も「間違えた!」と大騒ぎするものの、元の世界に戻るには隣国との戦いを終わらせなければならないと、拓海に『勇者』を押し付けてきた。頑なに拒む拓海だったが、『サイコロジー・オブ・アドラー』という不思議な本に導かれ、自分と同じように悩み苦しむ人々と対話しながら、勇気をもって危機を乗り越えていく。史上初!アドラー×ラノベ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

star 1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

star 1.0 2018年10月03日

この話はまさにラノベって感じの話だったけれどなかなか面白いなと思った。3日間全く手にせずに精神的に安定をもたらすために学校を休んだ期間があったけれどまさにそれに聞くはなしがアドラーな訳で、けどこの話はアドラーを伝えるという意味ではあまり良くなく、マンガでわかる心療内科の方がずっと理解しやすかったと思う。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

star 1.0 2017年05月01日

この話はまさにラノベって感じの話だったけれどなかなか面白いなと思った。3日間全く手にせずに精神的に安定をもたらすために学校を休んだ期間があったけれどまさにそれに聞くはなしがアドラーな訳で、けどこの話はアドラーを伝えるという意味ではあまり良くなく、マンガでわかる心療内科の方がずっと理解しやすかったと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください