乱れ舞

秋山久蔵御用控

ベスト時代文庫

藤井邦夫

2006年5月31日

ベストセラーズ

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

薬種問屋「大黒堂」の娘、お加代が身投げをした。浪人に手篭めにされ、世をはかなんでの行ないだった。「一切をばらす」、大黒堂は浪人に強請られていたのだ。浮かび上がった浪人の正体。宗方慎之介。元はれっきとした直参の旗本、そして秋山久蔵の幼馴染みだった。久蔵は宗方の長屋へ向かい、妻の由利と出会った。由利は何もかも棄てており、「御公儀を恨む」と呟いた。友の無念に久蔵の剣が閃く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください