口封じ

秋山久蔵御用控

ベスト時代文庫

藤井邦夫

2011年1月31日

ベストセラーズ

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

入谷鬼子母神の裏長屋に住む錺職人の文七が、鎌倉河岸で死体となって浮かんだ。北町奉行所の調べでは、酒に酔った上での溺死とされた。しかし、文七の月代には殴られた傷痕があり、渡り中間の定吉と、注文を受けた「丸に揚羽の蝶」の簪のことで揉めていたのを知った女房のおまち。亭主は殺められたに違いないと、南町奉行所与力の秋山久蔵に訴え出たが…。大好評の書下ろしシリーズ、第十三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください