ナチズム・ホロコーストと戦後ドイツ

現代ドイツへの視座ー歴史学的アプローチ 2

石田勇治 / 川喜田敦子

2020年9月30日

勉誠出版

6,600円(税込)

人文・思想・社会

誰が関与し、どのように行われ、何をもたらしたのかーナチズムとホロコーストに関する実証研究は、ここ30年で長足の進歩を遂げた。本書では、その豊穣な成果を踏まえながら、ナチズムと両義的近代との関係、「民族共同体」の様態、レーベンスラウムや民族再生の含意、さらにポーランド、スイスの動きなど近年の歴史学を提示する最新の論点を取り上げる。そして戦後ドイツ、すなわちナチズム後のドイツが「負の過去」とどのような取り組んできたか、司法訴追、補償、想起の文化などに注目して多面的に検討する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください