三島由紀夫と能楽

『近代能楽集』、または堕地獄者のパラダイス

田村景子

2012年11月30日

勉誠出版

3,080円(税込)

人文・思想・社会

戦後の希望(虚妄)に対峙しつづける三島由紀夫は、能楽の「生の否定」を華麗に脱構築し、救済を拒絶し絶望の美的結晶体と化した者たちの疾駆するドラマ『近代能楽集』を書く。現代にこそ鮮烈によみがえる三島由紀夫ー「生きづらさ」を生きぬくポスト・セカイ系世代の新鋭による初の三島=能楽論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください