現代芸術の出発

バタイユのマネ論をめぐって

叢書・ウニベルシタス

ユセフ・イシャグプール / 川俣晃自

1993年3月30日

法政大学出版局

2,090円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

マネに絵画芸術の根本的な転換点をみるバタイユの思考に基づき、従来の西欧絵画が基本とした宗教的・歴史的・人文主義的な「テキスト」を否定するマネとスーラから真の芸術が出発することを論証するとともに、現代の技術的な映像の氾濫とその繁栄の幻想を批判。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください