ダーウィン以後の美学

芸術の起源と機能の複合性

叢書・ウニベルシタス 1119

ヴィンフリート・メニングハウス / 伊藤 秀一

2020年7月23日

法政大学出版局

3,960円(税込)

人文・思想・社会 / ホビー・スポーツ・美術

「何のための芸術か?」メニングハウスの問いは、ダーウィンの進化論美学へと行き着いた。近代的制度としての芸術および芸術家が生まれるはるか以前、太古の昔に人間の技芸はいかなる機能を担っていたのか。著者による全面的な改訂がほどこされた決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください