百年文庫 75

マンスフィールド / 野溝 七生子

2015年1月2日

ポプラ社

825円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

長い船旅を終えて帰国した妻は、どこか他人のようなよそよそしさを漂わせていた。愛への渇望と不安に苛まれる男の悲哀(マンスフィールド『見知らぬ人』)。戦争によって没落し、嘘と虚栄を振り回すようになった大人たち。そんな中、一人の叔母の静かな佇まいが深い印象を残す(野溝七生子『ヌマ叔母さん』)。神秘に満ちた幼年時代の庭は、いつしか遠い記憶になってしまった。「アヤメ」の名を持つ女性との出会いがもたらした再生への軌跡(ヘッセ『アヤメ』)。澄んだ瞳が映し出す、生命に満ちた物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください