ぼくの、ひかり色の絵の具

ノベルズ・エクスプレス

西村すぐり / 大野八生

2014年10月31日

ポプラ社

1,430円(税込)

絵本・児童書・図鑑

「絵は、きみが感じたことをひとにつたえるためのことばだ。ほんとうにつたえたいことだけ描けばいい」写生の時間、なっとくのいかない絵を描かされたユク。傷ついたユクは、その絵をひきさいてしまう。しかし、花が大好きな少女ハネズからはげまされ、しだいに絵を描くことの意味、喜びを理解していく。そして、絵を描くことをとおして、ユクには大切な友だちがふえていくー

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

6

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください