終電前のちょいごはん

薬院文月のみかづきレシピ

ポプラ文庫ピュアフル 275

標野 凪

2019年6月5日

ポプラ社

748円(税込)

ライトノベル

福岡薬院の裏通り、古いビルの2階にある小さなお店「文月」は“本が読めて手紙が書ける店”。開いているのは三日月から満月の夜の間だけ。仕事でうまくいかなかったり、恋愛が不安だったり、誰かと話したかったり、家に帰る前にちょっとどこかに寄りたいとき、店主の文がつくる気の利いた季節のちょいごはんが、誰の心もやさしく癒してくれます。ほっこりあたたかくなる美味しい物語。巻末にレシピ付き。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.83

読みたい

13

未読

1

読書中

3

既読

10

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

つん

(無題)

starstarstarstar
star
4.5 2019年09月01日

まったり。寝る前に少し。 美味しいご飯とひといき。 こんなお店があったら良いな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください