公家姫挿し花屋控帳

白泉社招き猫文庫

若月ヒカル

2015年9月4日

白泉社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

享保19年。華道の家元に生まれた蓉は、徳川家重の正室・培子姫に花を手向けるため、華務職として京より呼び寄せられていた。しかし、時すでに遅し。姫は鬼籍に入り、蓉は用無しに。それでも江戸で物見遊山してみたいが為、従者の鷹矢と一計を案じるのだが…。破天荒で型破り、ちょっぴり変わった貧乏公家姫の悲喜こもごもの日々。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください