黒羽と鵙目(9)

白泉社花丸文庫black

花郎藤子

2011年12月31日

白泉社

701円(税込)

ボーイズラブ(BL)

鵙目が中国人マフィアに拉致された。行方を追う黒羽の元へ、一雉を保護した黒鹿とヤミ金屋の藤木から、事件を指揮している男として警察官僚・長谷川の名前がもたらされる。黒羽は単身長谷川に近づき、力尽くで鵙目の行方を吐かせようとする。一方、鵙目は監禁場所から脱出を図ったが、その前に立ち塞がったのはかつての知り合いの男だった。「正気じゃねえな釘崎」「正気だよ。ただ、生きてる実感はねえ。おまえと殴り合ったあの時は、おれは生きてた…」新たな人間関係が絡み合い展開は佳境に入る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください