巨獣戦線

Fuso 500

田中光二

1989年5月1日

扶桑社

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

日系三世サム・タツノは現役のマーク(傭兵)である。惚れた女と知りあってひと月めの記念すべき夜に、思いがけぬ事件が起きた。傭兵チームのリーダーであるジョン・マッケイが、第二の故郷といっていたアフリカで行方不明になった。サムらは、消息を断ったと思われるニアンザのサバンナ地帯へと向かった。そして、密猟シンジケートのキャンプに奇襲攻撃を掛けた。が、逆に罠にはめられてしまい、やがて地獄の責め苦が始まった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください