ノストラダムスの大予言

21世紀への最後の読み方

扶桑社文庫

平川陽一

1996年1月31日

扶桑社

533円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

ミシェル・ド・ノストラダムス。史上最高の予言者。フランス革命、ユダヤ人虐殺、原爆の投下…すべてが彼ののこした四行詩の中で予言されていた。そして今、我々が気になるのは、あの、世紀末の人類滅亡の予言である。核戦争、エイズ、大洪水…彼の主著『諸世紀』をひもといてみれば、滅亡へとつながる幾つかのパターンが確かに読み取れる。本書では予言そのものだけでなく、彼自身の人生をくまなく調べることで、もう一度検証してみる。そうすると、かすかにではあるが、一条の光明が見えてくるのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください