踊る大捜査線

君塚良一 / 丹後達臣

1997年3月31日

フジテレビ出版

1,388円(税込)

小説・エッセイ

脱サラして苦節(?)3年、晴れて念願の刑事になった俊作だったが、喜びも束の間、配属先で待っていたのはサラリーマン的な日常だった。緊急通報で現場にカッコ良くパトカーで急行しようとすると「はい、この書類に上司の判子をもらってェ〜」。殺人事件発生で、いざ捜査に、と意気込むと「本庁のお偉いさんの運転手、頼むわ」とくる始末。「こんなはずじゃ…」と落ち込みかけるが事件は待ってくれない。定年を間近に控えた現場叩き上げの老練刑事和久とのコンビで、小さな事件から大事件まで体当たりで取り組む俊作。そんなある日、和久が6年来追い続けた警官殺しの容疑者が現れた!果たして、和久の執念は実るのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください