戦後史開封(昭和50年代以降編)

扶桑社文庫

産業経済新聞社

1999年8月31日

産經新聞出版

712円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

ニッポンの繁栄の裏に隠された政治的な亙解とは?戦後史開封・皇室編も、貴重写真とともに同時収録。封印されてきた日本の戦後史を、産経新聞「戦後史開封」取材班が徹底取材。この本では、昭和50年代以降に焦点をあてて解説する。経済的に繁栄していくその裏で、いったい日本では何が起こっていたのか?ロッキード事件、成田空港問題、国鉄民営化などさまざまな観点から検証する。また、戦後史開封・皇室編も同時収録。御巡幸から崩御まで、皇室が歩んできた戦後史を詳しく解説する。昭和天皇の幼少時などを含む、貴重写真も併せて紹介している。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください