古畑任三郎大事典

扶桑社文庫

古畑任三郎研究会

1999年9月30日

扶桑社

1,026円(税込)

エンタメ・ゲーム / 文庫

事件が起こると忽然と姿を現し、犯人を逮捕すると忽然と消えてしまう。そんな霞のような男-古畑任三郎。1994年4月にブラウン管に登場して以来、刑事モノの常識を覆し話題を独占してきた名作「古畑任三郎」シリーズ。パート1「警部補・古畑任三郎」の第一話「死者からの伝言」からパート2「古畑任三郎」を経て1996年4月に放映された総集編「消えた古畑任三郎」までをテキストに、そのすべてを検証する古畑研究本の決定版、ついに文庫化!全てがここにある!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください