生者たちのゲーム

扶桑社ミステリー

パトリシア・ハイスミス / 松本剛史

2000年12月31日

扶桑社

838円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

テオとラモンは、同じようにリーリアを愛し、それでいながら友情で結ばれた、奇妙な三角関係だった。だが、そんな日々に突然の終止符が打たれる。リーリアが殺されたのだーしかもレイプされ、顔を切り裂かれて。テオの直感どおり、ラモンが自分の犯行だと認め、罰を強く望みはじめる。ところがテオの心は揺らぎだす。ラモンは犯人ではないかもしれない。では、いったい…?エキゾチックなメキシコを舞台に、殺人事件が投げかける罪と罰、愛と友情の問題を思索した、ハイスミスの貴重なミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください