第四の国難

日本崩壊の地鳴りが聞こえる

前野徹

2001年5月31日

扶桑社

1,571円(税込)

人文・思想・社会

蒙古襲来、黒船来航、敗戦を第一から第三の国難とすれば、現在の日本は、第四の国難に直面している。第三の国難までは、外圧に直面しながらも日本は、危険を克服していった。しかし、この第四の国難は、外圧というよりは、自ら決断する心を失ったがゆえの危機である。日本は、このまま滅びるのか…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください