学校では教えない世界史

扶桑社文庫

歴史のふしぎを探る会

2009年4月30日

扶桑社

649円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

世界史の授業で必ず教えられるのが、「日本をヨーロッパに紹介したのはマルコ・ポーロの『東方見聞録』である」という記述。しかし近年、根底から覆す疑惑が立ち上がっている。『東方見聞録』はイランで編まれた「集史」という資料から抜粋されたというのである。歴史の分野では、昨日まで学校で教えられていたことが、じつは嘘だったということがしばしば起こる。“歴史の事実”は常に変更されるのである。本書は常識とされた“歴史事実”を覆す新説や異説を紹介している。はたして何が“事実”なのか?是非、本書で描かれた“もうひとつの歴史”から世界史の奥深さを堪能してもらいたい。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください