死にたい夜にかぎって

扶桑社文庫

爪 切男

2019年11月19日

扶桑社

715円(税込)

小説・エッセイ

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」-憧れのクラスメイトに指摘された少年は、その日を境にうまく笑えなくなった。“悲劇のようで喜劇な人生”を切なくもユーモア溢れる筆致で綴る作家・爪切男のデビュー作。出会い系サイトに生きる車椅子の女、カルト宗教を信仰する女、新宿で唾を売る女etc.幼くして母に捨てられた少年は、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻していく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.03

読みたい

17

未読

4

読書中

0

既読

13

未指定

19

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

文学のサドゥーだ!

--
2
2020年02月13日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください