孤独なバージンロード

ハーレクイン・ロマンス

リン・グレアム / 小林町子

2000年12月31日

ハーパーコリンズ・ジャパン

704円(税込)

小説・エッセイ / 新書

エリーは書店経営の夢をかなえるために、昼は店員、夜はオフィスビルの掃除人として一日中働いている。みじめな母を見て育った子供時代から、彼女はかたく決意していた。男に依存するだけの生き方はするまい、と。ある夜、清掃の仕事中にエリーは話し声を耳にする。彼女が立ち去ろうとしたとたん、目の前に長身の男性が現れた。この会社の社長、ディオ・アレクシアキスだ。彼はうろたえるエリーを厳しく詰問し、産業スパイだと非難した。エリーは強く否定するが、疑いは晴れなかった。どうしたらいいだろう。仕事を失うわけにはいかない。困り果てた彼女にディオは言った。「きみにはぼくの目の届くところにいてもらう」彼はエリーを連れて、ヘリコプターに乗り込んだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください