妻という名の咎人

ハーレクイン・ロマンス 3295

アビー・グリーン / 山本翔子

2017年12月8日

ハーパーコリンズ・ジャパン

722円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「弟を破滅させた君と、僕は結婚しようと考えている」義兄クルスの蔑むような眼差しに、トリニティは凍りついた。2年前、スペイン大富豪である彼のメイドだったトリニティは彼の異母弟リオから、息子たちの世話をしてくれと頼まれた。双子の惨状を見かねて自堕落なリオと便宜上の結婚をしたが、いま名ばかりの夫は急死し、彼女が双子の後見人となった。彼は私が弟をたぶらかしたと信じ、悪女を監視する気なのだ…。愛する双子を奪われたくない一心で、彼女はクルスに従った。千々な乱れる胸の奥で、彼への恋心をもてあましながら。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください