結婚と名誉

ハーレクイン・プレゼンツ・スペシャル

ケーシ・マイケルズ / ゲイル・ウィルソン

2007年6月30日

ハーパーコリンズ・ジャパン

1,215円(税込)

小説・エッセイ / 新書

『勝ち気な花嫁』-身重の姉を夫の屋敷に送り届ける途中、エレナは宿屋に泊まった。運命のいたずらで、エレナは間違ってバックランド伯爵ニコラス・マーリーの部屋で眠ってしまう。ニコラスは正体もなく酔っ払い、一糸まとわぬまま寝ていた。翌朝、目覚めた二人は仰天する。その場面を牧師に目撃され、ニコラスはやむなくエレナの名誉のために結婚を申し出たが…。『面影を求めて』-十七のときエマはすてきな男性と出会い心を奪われたが、彼に二度と会うことはなかった。それから十二年度、未亡人となったエマは継子ジョージーナの縁談のためにグレイストン伯爵家を訪れる。伯爵の弟が娘の相手なのだ。だが当主の伯爵はどういうわけか人前に姿を現さず、塔にこもって暮らしている。その伯爵こそ、昔エマが恋したアレックスだった。『一万ポンドの花婿』-クラリッサは追いつめられていた。後見人であるおじが余命いくばくもないと宣告されたいま、すべては財産目当てに強引に結婚を迫ってくる腹黒いいとこに委ねられてしまうのだ。クラリッサは一計を案じ、小さいときから好きだったヒュー・リッチフィールドに話を持ちかけた。一万ポンドと引き換えに駆け落ちして、結婚式を挙げてもらえないか、と。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください