愛は永遠に(2013)

ウエディング・ストーリー

スーザン・マレリー / シェリル・ウッズ

2013年9月30日

ハーパーコリンズ・ジャパン

1,320円(税込)

小説・エッセイ / 新書

妹の盛大な結婚式に出ることになり、ケイティは複雑な心境だった。1年前、妹はケイティがつき合っていた恋人を奪い取ったのだ。すると、母が気をきかせて当座の恋人役を演じる男性を用意してくれた。だが、それは以前、最悪の出会い方をしたジャクソンで…(『花嫁の姉』)。あと少しで30歳になるなんて。ジェインは一刻も早く赤ん坊がほしくなり、去年別れたマイクが暮らすサンフランシスコにやってきた。赤ん坊の父親にふさわしいのは、やはり彼だ。再会して熱い夜を過ごしたものの、ジェインは彼とやり直すことなど無理だと悟る(『永遠が見えなくて』)。エリーは両親の死に衝撃を受け、訪れたラスベガスで捨て鉢な行動を取った。社交界の令嬢を装って知り合ったレオという男性と結婚式を挙げ、愛を交わしたのだ。翌朝、彼女は自分の所行に恐れをなし、イギリスに逃げ帰った。4年後、彼と再び会う定めとも知らず(『嘘と秘密と再会と』)。亡き妹夫婦の娘メリを今すぐ引きとらなくては!エリンは怒りに駆られ妹の夫の兄にあたるチャンスの牧場に急いだ。メリの養育に関して交わした約束を彼が破ったというのだ。ところがその話は嘘だと判明し、エリンはメリにせがまれ彼の家で暮らすはめになる(『生涯で一度のチャンス』)。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください