計量情報学

図書館/言語研究への応用

影浦峡

2000年4月30日

丸善

2,860円(税込)

人文・思想・社会

本書は、計量情報学(広く計量書誌学と計量言語学を含むものと考える)の最も基本的な対象である、著者とその執筆論文数、雑誌とそこに掲載される特定主題分野の論文数、あるいは、単語とその出現頻度などの、いわゆる頻度データに対する計量的研究を巡る論考である。これまできちんと議論されてこなかったLotkaの法則等を巡る諸問題の再検討は、計量言語学、計量書誌学に関心をもつ人々にとって、興味深い話題であろう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください