台湾映画のすべて

丸善ブックス

戸張東夫 / 廖金鳳

2006年1月31日

丸善

2,640円(税込)

エンタメ・ゲーム

国民党政権は台湾映画にどれだけ大きな影響を及ぼしたか?国民党が経営する台湾最大の映画製作配給会社中央電影の役割とは?台湾映画を国際舞台に押し上げた台湾ニューシネマとは?外省人と本省人の関係は台湾映画にどう反映されているか?台湾映画の深層を理解する上で興味尽きない話題を、具体的に映画を取り上げながら解説し、映画研究における新たな視角を提起する意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください