素粒子の標準模型を超えて

現代理論物理学シリーズ

林青司

2015年7月31日

丸善出版

6,050円(税込)

科学・技術

素粒子とその間に働く相互作用を記述する標準模型は、提唱から半世紀を経て、ヒッグス粒子の発見で確立に至ったといえる。本書では、標準模型を超える理論について解説。ニュートリノ質量や暗黒物質など、標準模型では説明できない実験事実や観測データに基づく問題点と並び、標準模型が内包する主に理論的な未解決の問題を解決すべく提案されている、大統一理論、超対称理論、高次元理論、ヒッグス粒子の複合模型等について、基本的なアイデアを紹介するとともに、重要な概念や事項にしぼって議論し、その検証についても解説する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください