ちょっと検索!翻訳に役立つGoogle表現検索テクニック

安藤進(翻訳家)

2007年8月31日

丸善出版

1,760円(税込)

科学・技術

インターネットは生きた文章の表現辞典である!ウェブページの集まりを丸ごと表現辞典とみなし、その引き方を紹介します。Google検索のヒット件数を使い、語句の使用頻度を市場調査していくことによって、ネイティブスピーカーの言語感覚を疑似体験することができます。又、フレーズ指定からイメージ検索、論文、特許検索等まで幅広く解説されています。翻訳者、執筆・編集・校正をされている方、英語を教えられている方から研究開発に取り組まれている方など、英語を日常使う方々に最適。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

Google検索を,用例辞典として使うテクニックが書いてある。

starstarstarstar 4.0 2020年02月26日

「ちょっと検索!翻訳に役立つGoogle表現検索テクニック」 ・2019-09-17,ブックオフ(大宮)で200円で購入。クーポンで無料。 ・2019-12-24開始,2020-01-08読了。 ・ https://www.amazon.co.jp/dp/4621078690/   ちょっと検索! 翻訳に役立つ Google表現検索テクニック   丸善 (2007/7/21) 安藤 進 (著) ※ Kindle版なし。オンデマンド (ペーパーバック)版有り。 ・Google検索を,用例辞典として使うテクニックが書いてある。 ・当方付箋紙を貼ってメモしたのが下記。   p13:検索記号の使い方   p21:コマンドの一覧(site: は私もよく使っているが他にもいろいろ)   p28:各種URL。※ https化が本書はまだ反映されていない。当方調べ直してみた(下記)。      Google Book Search ( https://books.google.co.jp/ )      アマゾン Search Inside the Book      ※ 本書のアマゾンのURLはもうダメみたい。         https://japan.cnet.com/article/20061594/         米アマゾン、書籍の全頁検索サービス「Search Inside the Book」を開始         2003年10月24日       を受けてのものか?      Google Scholar ( https://scholar.google.co.jp/ )      Windows Live Academic Search      ※ Wikipediaによると「Live Search Academic(ライブ サーチ アカデミック       和名:Windows Live 学術論文検索)は、2006年から2008年まで提供」とのこと。       残念ながら今は利用できなさそうだが,       https://academic.microsoft.com/ というページがあるが?      Googleの特許検索サイト ( https://patents.google.com/ )      USPTO ( https://www.uspto.gov/patent )   p36:「新英和活用辞典」(1965)の意義(多読と精読の成果)と,現代の「ネット表現辞典」としてのGoogle検索。   p54:「datarange」の注意点(ユリウス暦) ※ 今は「as_qdr=」指定で過去何年とか過去数ヶ月とか。   P57:ブログ専用の検索URL ※ 今はブログ価値,相対的に低下してる気がする。まとめサイト興隆で。   p64:OR検索の注意点。パイプ(|の半角文字)の使用が確実とか。※ 今はどうかな?   p65:新語を調べるとき(OneLook/defineコマンド/mean,-s,-ing,refers,referred) ※ 日本語の場合「とは」を付けて検索するのと同じようなものだね。   p66:「筆者は,URLを出典として明記することを心がけています。」 ※ これは私と同じだね。プリンタで印刷した場合,リンクは見えないし。   p87:第二部 応用編(検索事例の紹介)。 ※ 下記記事からの抜粋・加筆修正削除 とのこと。URLはhttpsに変わっていた。      https://www.amelia.ne.jp/      翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービス      翻訳者ネットワーク「アメリア」   p92:ドメイン名をチェック,というのは面白い。用例に信頼が置けるかの判断をドメイン名(国)で判断するという訳だ。   p125:Googleに論文検索サイトの登場,機械翻訳機能の追加(2004)。   p161:多摩美大の翻訳訳語辞典。編者が同大を辞めて閉鎖,別サイトへ引っ越しとか。※ 大人の事情は大変だ。 ・著者で確認したら,新しい本が出ていた。    https://www.amazon.co.jp/dp/4621303082/    AI時代の翻訳に役立つGoogle活用テクニック    丸善出版 (2018/6/14) 安藤 進 (著) ※ Kindle版なし。 ・カスタマーレビューで「Google翻訳で原文を作って、フレーズ検索でブラッシュアップする感じ」とあったのを読み,下記記事を思い出した。    (現場へ!)ニッポン英語のいま:5 進む自動翻訳、だから勉強    2019年12月06日 朝日新聞 東京 夕刊 夕刊解説 ・音声翻訳アプリ「ボイストラ」を開発したNICT(情報通信研究機構)の方へのインタビュー。自動翻訳(機械翻訳,Google翻訳もこの一つ)は必ず間違えるから鵜呑みにせず「逆翻訳」してみて意味が変わらないかチェックすること!とのこと。浜松市の失敗例が挙げられている。台風19号で,災害発生予測場所を連絡したつもりが,その場所へ避難する文面に翻訳されてしまった。鵜呑みは危険だ。 2020-02-11 懶道人(monogusadoujin) 

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください