あたまの目

人生の見かた

外山滋比古

2004年12月31日

みすず書房

1,980円(税込)

小説・エッセイ

これは「外にある目玉ではなく、頭の中の目である。しかし、心の目、いわゆる心眼ともすこし趣を異にしている。いくらか知的な心の目とでもいったらよかろうか」。なぜ親はわが子をあまり理解できないのか?ひとは他人の病をどう感じるか?ペットにはなにがいいか?人生は幸福や希望とともに、厄介や疑問・思わぬ死角に満ちている。それらをいかに捉え、いかに理解すべきか?本書は、人間風景の機微にふれ、ほどよい距離から、さりげなく差し出された、人生への心温かな処方箋である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください