世に出ないことば

荒川洋治

2005年9月30日

みすず書房

2,750円(税込)

小説・エッセイ

「文章にも、ことばひとつにも、世に出ない世界があるのだ。」名作『夜のある町で』『忘れられる過去』につづき、読書を中心とした、待望の最新エッセイ集。「水曜日の戦い」「ぼくのせっけん」「悲しくはない絵」「封筒の世界」「東京にはいない人」など66編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください