コミュニケ-ションと人間形成

かかわりの教育学2

岡田敬司

1998年1月31日

ミネルヴァ書房

2,750円(税込)

人文・思想・社会

子どもと親、生徒と教師の間のコミュニケーションはいかに可能であるのか。また、そのコミュニケーションがいかに子どもの人間形成に寄与するのか。本書はこうした問題に、「子どもと大人の共通方言の拡大増殖」という徹底して合理主義的な仮説をもって答えようとする。母子の初期コミュニケーション、教師と生徒の対話、討論授業の議論などが順次、このメカニズムの異なった位相の事例として解明され、最後に、討論的理性の可能性と限界とが、人間形成論の視点から考察される。「分かり合う」ことの徹底解明を目指す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください