児童虐待の家族と社会

児童問題にみる20世紀

Minerva社会福祉叢書

井垣章二

1998年3月31日

ミネルヴァ書房

6,050円(税込)

人文・思想・社会

現在多くの人びとの関心を集めている児童虐待は、ずっと以前、1960年代初めアメリカで衝撃的にデビューした児童問題であった。子どもをいつくしみ育てるはずの親が子を虐待しつづけ、死にもいたらしめるという恐るべき事実の数々である。本書は、その発祥と経過を跡づけ、家族と社会の構造的連関において問題究明を試みた児童虐待のほか、続いて現れた性的虐待を加え、その他未婚母少女、少年非行など、児童問題の側から「豊かな社会」20世紀の家族と社会を問う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください