福祉資本主義の三つの世界

比較福祉国家の理論と動態

Minerva福祉ライブラリー

ゲスタ・エスピン・アンデルセン / 岡沢憲芙

2001年6月30日

ミネルヴァ書房

3,740円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会

戦後資本主義において、様々な国家モデルを形成してきた基軸的制度である福祉国家。本書は、福祉国家論研究における、記念碑的名著である、Gosta Esping-Andersen、The Three Worlds of Welfare Capitalism、Polity Press、1990の全訳である。日本での翻訳出版にたいする著者書き下ろしの「日本語版への序文」においては、独自の日本型福祉国家論を展開している。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください