共生の論理をもとめて(第2巻)

新宮一成 / 角谷慶子

2003年6月20日

ミネルヴァ書房

3,520円(税込)

医学・薬学・看護学・歯科学

精神の病は、わたしたちの社会のあり方とどのように絡み合っているのか。人が一生のあいだにさまざまな体験のなかで出会うこころの危機について、精神病理学の視点から読み解く。現代社会を「こころの病とともに生きる」ための論理を追求する、京都大学での講義内容をおさめたシリーズ第2巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください