制度経済学のフロンティア

理論・応用・政策

Minerva現代経済学叢書

磯谷明徳

2004年10月31日

ミネルヴァ書房

4,950円(税込)

ビジネス・経済・就職

1970年代以降の現代経済学は、「情報の経済学」「インセンティブ理論」「契約の理論」とそれらを統一する視座を与える「ゲームの理論」を分析用具として用いることで、制度や組織、人々の学習や慣習・習慣、法や道徳といった社会的規範の分析に新たな光を照射し、多くの研究成果が積み重ねられてきた。これが、広い意味での「制度の経済学」の復活・再生を導いたことは周知の通りである。本書は、理論・応用・政策という3つの領域において、この新たな研究動向としての制度経済学について独自の議論と展望を試みる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください